転んだ時の激痛

転んだ時に激痛が走った場合、骨折している可能性があります。

まずは痛い部分より先の部分を軽く叩いて、骨折かどうか確認しましょう。
骨折していれば、離れた部分を叩くと響くような激しい痛みがあります。
また、すぐに腫れてきたら骨折しているでしょう。

骨折していた時の応急処置としては、腕の重さを支えるために固定することが大切。
木の枝などを副木にして、痛む部分を中心にして、上下の関節を挟んで固定します。

そして、すぐに病院へ行き、医師の診断を受けましょう。
レントゲン撮影をして骨折した部分を検査し、ギプスやテーピング、バンドなどで固定してくれます。
posted by 応急処置の方法 at 13:37 | 思わぬケガ・アクシデント