突き指

突き指の場合は、濡れタオルやアイスノン、湿布などで患部を
冷やしましょう。

次にテーピング、またはダンボールなどを添え木にして、包帯で
巻いて固定をします。

「突き指は引っ張って治す」と昔からよく言われていますが、
突き指は指のじん帯を損傷しているケガなので、引っ張って
しまうと、反対に腫れと痛みが増してしまいます。
絶対にやめておきましょう。

また、痛みを和らげるために、骨折をしたときのように三角巾で
腕を吊っておくのも効果的です。
こうしておけば、指を使うことが無くなるため、痛みと腫れが
和らぎ、再損傷することもなくなります。

症状がひどい場合や、長期間治らない場合は、骨折や脱臼などを
している可能性もあります。
突き指は軽く見ずに、応急処置を行ったらすぐに病院へ行くように
しましょう。
posted by 応急処置の方法 at 16:34 | 怪我(ケガ)・傷