血尿

血尿が出た場合の応急処置は、温かいお茶やお湯を飲んで安静に
しておきます。

また、血尿の原因には以下のようなものがあります。

・膀胱炎
・腎結石
・尿管結石
・腎盂腎炎
・腎梗塞

すぐに手術をしなければいけない危険な病気は含まれていませんが、
必ず泌尿器科の病院へ行って検査してもらいましょう。

膀胱炎、尿管結石などは薬を服用して治療することが多いため、
早めに検査したほうが安心です。
posted by 応急処置の方法 at 21:59 | 出血

吐血・喀血

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は、どちらも口や鼻から出血して
しまうことを指しますが、出血している場所と原因が異なるため、
応急処置と治療方法が違ってきます。

■吐血

吐血は、食道、胃、腸などの消化器官からの出血です。
胃液と一緒に出るため、黒っぽい赤の血が出ます。

応急処置としては、衣服を緩めて楽にさせて、吐き出した血が
のどに詰まらないよう、横向きに寝かせて気道を確保しましょう。

大量に出血している場合は、輸血、止血剤、酸素吸入などの治療が
必要になるため、すぐに救急車を呼びましょう。

出血量が少ない場合は、病気が原因では無い可能性もありますが、
念のためにすぐに病院へ行きましょう。

また、吐血の原因は以下のようなものがあります。

・食道静脈瘤破裂
・食道炎
・食道潰瘍
・マロリーワイス症候群
・食道がん
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・胃がん
・出血性胃炎


■喀血

喀血は、気管、気管支、肺などの呼吸器官からの出血です。
咳(せき)と一緒に鮮血が出ます。

応急処置としては、呼吸器官から出血しているため、窒息を
起こさないように横向きに寝かせます。
そしてすぐに救急車を呼びましょう。

また、喀血の原因は以下のようなものがあります。

・結核
・肺結核
・肺炎
・肺がん
・喉頭がん
・気管支拡張症
・気管 / 気管支損傷
・肺挫傷
・急性肺水腫
・肺化膿症
・肺真菌症
・肺塞栓
・うっ血性心不全
posted by 応急処置の方法 at 18:52 | 出血